たまねぎ 2個目

2nd onion

 
Category: スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 弁当の蓋  

カッパだって本当はキュウリじゃなくて焼肉とか食べたいんだよ。この時の俺にはまだわかっていなかったんだ。それがあの子の言った最後の言葉になるなんて・・・。

俺にも焼肉を振舞って欲しい、そう常々思っているましゎです。こんばんは。
そう、『こんばんは』なんですよ。
要するに仕事から帰ってきた後、ベットの上で意識を失った俺は、
ふと気付くと23時を過ぎていて驚きを禁じえない状況なのです。

「こ、ここは・・・? 俺は・・・俺は一体どれぐらい眠っていたんだ・・・っ!?」

とか言おうと思ったが、不思議な事に言う相手が誰もいませんでしたね。



普通に考えて日記とか呼ばれるモノは、その日にあった事や思った事をガガガっと書くモノだと思うのですが、
まだ書き始めて日記らしい事を一度も書いてないような錯覚に襲われたので、少し真面目にやろうと思います。

今日は朝から若干遅刻気味に会社に出掛け、食パンをくわえながら「遅刻、遅刻~」とか言って走っていると運命の出会いが起きるはずだったのにタイムテーブルがずれたのか登校中の女子小学生から虫を見るような目で見られ新たな力(属性)に目覚めそうになるも、まだそこまで俺の業は深まってなかったのかギリギリの所で踏みとどまったりしつつ、結局シスターが見つからなかった為に自分で腰にシップを張って全く腰痛がよくなっていない様子の俺に太陽は容赦のない放射線を照射し、「今日は粒子が濃いようだな・・・」とか考えたりしたらもうこれ完全に危険な人ですよね?


おいおい。朝起きて急いでバス乗り場に移動する事を書くだけなのに、全然先に進まんぞ。
日記とは難しいモノよ。ハハハ。


襲いくる放射線とか何とか波に耐えつつ、辛うじてバスに乗り込んだ俺は、そこで頭の片隅に封印されていた記憶が蘇るのだった。
「まさか・・・俺は暖房を消してくるのを忘れたのか?」
激しい焦燥感に襲われたが、ここで冷静さを欠けばきっとヤツに取り込まれてしまうと考え、暖房の事を考えないようバナナの房をこの方向から見て全部で何本ついているか考えよ、という自己暗示をかけて危機を脱する事となるのですが、その時はまだ気付いていなかったのです。これから起こる、あの悪夢のような七日間に・・・。
俺はこの事を思い出すといつも後悔するんだよ。なんであの時バナナじゃなくてキウイの事も考えてやらなかったのか、ってね。HAHA・・・。
そう笑う彼の顔は、もう子供じゃなく一人の大人の


おい、やべーよ。まだ全然今日の話進んでないのに今23時54分だよ。
後6分以内に終わらんと明日になってしまいますぞ。
いや、哲学とかそういうのはもういいから。
第一、血の七日間ってなんだよ!
あれほどカテゴリ作ってから記事を書くのは止せって言っただろ!?

まあ落ち着け、まだ4分ある。
時間は無限にして有限で、あかん。こんな事してたら終わらん。

えー、それで今日は仕事を終えて帰ってきたら寝てしまった訳ですよ。
あれ、これ最初にも書かなかったっけ。
いかん、もう時間が限界だ。

ああ、えっと、どんぱっち

Comment

09-2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

«   »

プロフィール

ましゎ

Author:ましゎ
47個目のたまねぎを投げる際は皮をむいてから行う事。



人気ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。