たまねぎ 2個目

2nd onion

 
Category: 弁当の蓋  

人間暇になると何をするかわからんのだ。

だから久々に管理画面を開き、おもむろに新しい記事を書き出した俺であった。
だが、ここまで書いて早くも身動きが取れない。指が動かないのだ。
その姿はまるで大家族が囲むテーブルに身を差し出されたカニ。
好奇に満ちた目で見る子供達になすがまま腕を引きちぎられていく、まさにカニであった。

そして全ての腕を失い朦朧とする意識の中、遠くから声が聞こえる。

『やっぱりまだ子供にはカニみその美味さはわからんのや』

表面の甲羅が剥がされた瞬間だった。
カニの体液によってドロドロになったハゲ親父の腕、その腕で力任せに引き剥がされたのである。

「──クッ……殺せッ!」

精一杯の力でそう言う私の言葉も、その男の耳には心地よく響くだけなのだろう。
すっかりアルコールに染まった恍惚の表情は、むき出しになった私の体にただ迫るだけだった。



まあ最近はこんな感じですね。
あぁ、あと引越しというレアイベントを消化してましたが、最後まで女騎士が現れませんでした。
うーん、おかしいなぁ。
それでは、ごきげんよう。
この番組は、ライオンの提供でお送りします。

しいて言えば、俺はカニがあんまり好きじゃないんで、基本は食べません。
では、また来週。

この番組は、ライオンの提供でお送りしました。
Comment

08-2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

«   »

プロフィール

ましゎ

Author:ましゎ
47個目のたまねぎを投げる際は皮をむいてから行う事。



人気ブログランキングへ