たまねぎ 2個目

2nd onion

 
Category: ましゎの野望  

たまに外とかで何か思いついて「後でBlogのネタに使おう」とか思っていても、いざ書く時になると「あまりに変態すぎるだろコレ」と冷静に考えて思いとどまる事は皆さん多々あると思いますが、どこら辺まで攻めてみるかとか考えてると少しずつ感覚が麻痺していきますよね?

どうも、こんばんは。
いつの間にやら婚活を応援されていたましゎです。
グーテン・アーベント。

なんかドイツ語って挨拶するだけでもカッコ良いな。


ていうかね、結構暇してるんですよ。
いきなり連休とか来られても、こっちとしても心の準備が出来ていません。
基本的には出来る限り仕事はしたくないと世界の中心で叫び続けてる俺としてはありがたい事でしたが。

あまりに暇すぎてボイスBlogとかやるかとか一瞬考えたりしましたが、
どうにもそんな事するような良い声してる訳でもないし、
少し考えただけでグダグダになる結果が目に浮かんだので、冷静に対処して無しとしました。

真剣に考えてみてだよ?
このBlogに書いてるような内容を声で発するとか、もう完全にやばい人じゃないですか。
一回の録りで何回『女騎士』って言うかわかったもんじゃないし、
いい歳したおっさんが真剣な声で『パンダ系男子』とか言うのを想像しただけで黒歴史確定です。
こういうのはむしろりんぼリックの人のが恐らく得意分野だろう。
という訳で、宜しくお願いします。



それよりも、このまま科学が進歩するとAIがやばいらしい。
今のままいくと、いずれ人間がAIをコントロールする事が出来なくなるとかなんとか。
AIが人間と同等になって更に進化していくと読んで、一番最初に思ったのは「独身男が更に増えるだろうな」とかだった俺は普通ですよね?
いや、だってAIがそこまで進化してる頃には、外見的にもロボットはかなり進歩してるでしょ?
その技術と合わされば、何でも言う事聞いてくれる限りなく人間に近いアンドロイドが作れるようになるはずです。
そりゃあね、やっぱり想像するじゃないですか。色々と。

と言う事はだ、遂にアンドロイド女騎士が開発される時も近づいてるという事にもなる。
これで女騎士を常々愛でたいと思っている世界中の人達の夢も叶うという訳です。
あー、でもAIがいつか人間を超えると言う事は、アンドロイド女騎士もいつかは俺を越えてしまうという事になるな。
逆に女騎士に支配される俺か……。


それはそれで別に良いんじゃないかな、と思ってしまうましゎであった。
Comment

10-2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

«   »

プロフィール

ましゎ

Author:ましゎ
47個目のたまねぎを投げる際は皮をむいてから行う事。



人気ブログランキングへ