たまねぎ 2個目

2nd onion

 
Category: 女騎士  

雪が降って仕事が休みになるも、結局雪かきが仕事並に辛かったので俺は崖の上から夕日を見つめてたら下からスタッフロールが出てきた。

雪。銀世界ですよ。
朝起きたら俺の車が白い塊に変わってましたね。
あまりに白すぎて俺の心まで洗われそうでした。

だが、そううまくいくと思うなよ。
この俺の邪な心はアタックネオEXを用いたとしても、そう簡単には白く染まらんぞ。
パンダなのに白く染まらんとはこれいかに。
むしろパンダの黒い方に注目している方なので、狡猾な奴の生き様をこれからも見習っていこうと思う所存であります。


いやね、まあそんなこんなで雪かきしたんですよ。
マジで腰砕けるかと思うぐらいにね。
まだシスターが見つかっていない以上、そうそう腰を砕く訳にはいかんので、細心の注意を払いながら雪を掻きました。
大体、積雪60cmって所ですかね。
久々にガッツリ降ってくれたおかげで仕事も自宅待機という名の休みとなったのですよ。
そして明日も休みという、油断していたら何かいきなり連休とかきましたね。
んむ。めでたい!

めでたいと言えば、まあ常日頃から女騎士とかを愛でたいと思っている俺ですが、
雪かきしてたら隣の住人もやってきたんですよ。雪かきにね。
遂に俺の隣の部屋から女騎士が出てきたかとドキドキして見てみると、普通のおっさんが出てきました。

おかしい。

ああ、そうか。
彼が女騎士の旦那って訳だな。
例のからあげ揚げるのが好きな中国人か。

そんな軽い現実逃避もありつつ雪掻きを続けていたんですが、更なる住人が登場しました。
女性の二人組なんですが、何やら喋っているが聞き取れぬ。
明らかに日本語ではない何かで喋っているのですが、一応挨拶してみたら、カタコトで「コンニチハー」とか言ってくれました。
なんかすげー背の高い白人っぽい女性です。
俺も179ぐらい身長はあるんですが、俺と同じぐらいはあるんじゃないか?

だが慌てる事はない。
一時期は外人の嫁と国際結婚していたこの俺だ。
それに出来るだけ同じアパートの住人と会った時は挨拶する事を心がけている事にも定評のある俺。
とりあえず軽快に話しかけてみよう。

「雪すごいですねぇ」
「ウン。ソーダネー。コンナニ積モッタノ初メテ見タヨー」

「ハハ……」

会話が終了しました。
よく考えたら俺は若干コミュ障気味だという事を忘れていたぜ。
なんかもう二人組の白人って時点で、正直何喋っていいのかわからんかったよ?
今にして思えば、「おお、ぼんじゅーる」とか言えば良かったんですかね?
いやいや、実際そういうの目の前だと言えないものです。


と、まあ珍しく起きたエンカウントイベントも見事に何事もなく終わり、俺の雪掻きも終了しました。
そして俺の腰も若干終了しそうです。
これはもう決死の覚悟で、さっきの白人の方に「シップ張ってくれませんか?」って言いに行くしかないのだろうか?
なんとなく「イイヨー」とか言ってくれる可能性もあるかもしれん。
そして「うあ、冷てぇ」とか言いながら和やかな雰囲気になったりする訳ねぇだろチクショー!
むしろ3秒で通報されてどっか連れて行かれそうだよ!!
そんでもって警官から「なんであんな事したんだ?」とか言われて、「いや、もしかしたら女騎士じゃないかな、と思って……」みたいな事言ったら哀れみに満ちた目で見られた後に、今夜のまる見えは“いきなり同じアパートに住む女性に取った奇怪な行動とは”みたいに紹介された末、最後はインタビューで「もうあんな事はコリゴリだよ」とか言わされて、ナレーションで『その後、あえなくお縄となった』とか定番の締め台詞言われてお茶の間の笑いを誘うんだろ? クソッ!


てか、あの番組コリゴリする人多すぎじゃない?
Comment

08-2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

«   »

プロフィール

ましゎ

Author:ましゎ
47個目のたまねぎを投げる際は皮をむいてから行う事。



人気ブログランキングへ