たまねぎ 2個目

2nd onion

 
Category: スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 弁当の蓋  

遂に花粉の奴等がやってきやがりまして、俺の視界と嗅覚がことごとく破壊されていきます。

目が痛く鼻がむずむずする今日この頃、見事にまた一つおっさんになりました。
俗に言うハッピーバースデーってヤツです。
ていうか、年齢を考えるとおっさんになったというより、初老に一歩近づいたといった方がいいかもしれません。
来年には遂に十の位の数字が変わると思うと、なかなかにゾッとしない感じです。
そんな歳になりつつあるのに、ここでは妄想に走りまくるという危険な行為を続ける俺ですが、
これは考えようによっては精神的にはまだ老いていないと言う事なのかもしれん。
すなわち、ましゎ(19)という可能性です。
多分、近々JAROに通報されます。


で、今書いてる時点で日付が変わるまで後10分切ってる状態なのですが、まあとりわけ書く事もそんな無い訳で、別にバレンタインデーが気付いたら終わってたとかそういう事も気にしていませんよ。
いやいや、俺にはわかっているよ。
やはり歳相応に考えると、甘い物とかを摂取しすぎると体によろしくないんじゃないですか。

だから、だろ?
俺にはわかっているぜ。
でも、そんな気を遣わなくても良かったんだけどな。
んむんむ。来年は遠慮なく来ると良いぞ。



誰がだよ!?
そんな候補まったく思いつかねぇよ。
全く困ったちゃんですよ。
ていうか、困ったちゃんってもう誰ですか。
ああ、この娘が俺の体調を気遣って遠慮した方ですかね?
おk、来年は期待して待ってるぞ。困ったチャン。

ふーゎ、ふーゎ。
スポンサーサイト
Category: 弁当の蓋  

このBlogも奇怪な事にもう一ヶ月ぐらい続いてますが、今更ながら今日のが一番普通な事を書いた気がします。そして普通すぎて別に面白い所もないです。

カレー食いすぎて気持ち悪い。
基本、カレーは好きな部類なんですが、だからと言って調子乗りすぎるとダメって事です。

現在は残念無念な一人モンの俺ですので、ルウからカレーを作ったりはしません。
だって作っても多分食いきれんだろうし。
なもんで、もっぱらカレーはレトルトです。
結構色んなレトルトを食ったと思いますが、やはり銀座カレー辛口に勝る物は今ん所見つかってません。
いや、別にこれが一番美味いって訳じゃないんですよ?
一番無難なんです。
次点でLEE20倍とかですが、まあそれはタダ単に辛いのが食いたい時だけですしね。

なんだろうな、なんか普通のレトルトカレーってどうも薬品というか、変な味を感じてしまってダメです。
あぁ、セブンイレブンの350円ぐらいするカレーも美味かったと思いますが、残念な事に辛さがイマイチであった。
アレの辛口とか大辛とかあれば、多分それが一番になると思います。
まあでも、ちょっとばかしお高いのが難ですね。
銀座カレーなら徒歩3分のドラッグストアで178円とかで買えるのが最大の利点です。

しかし、正直な所たまには普通に作ったカレーが食いたいと思う事もあります。
要するに何が言いたいかというと、早く俺の所に女○○シリーズが来てくれないかな、と。
そしてカレー地獄に落とされたい。

あー、たまにシチューも宜しくお願いしますね。
Category: 弁当の蓋  

あぁ、やっぱアレがおはようソースだったのか。なんとなく雰囲気がプロっぽい見た目だったから気にはなっていたんだが。

タイトルを利用して返事をしてみるという技を使ってみました。
よって、このタイトルの意味は極一部の人にしか通じません。


今日はやたらと飯作るのが面倒で、冷凍チキンライスに卵乗せてオムライスという方法でお茶を濁してみた。
早く俺にご飯作ってくれる女騎士やら修道女が来てくれないと、栄養がどんどん偏っていくぜ。
ていうか、お茶を濁してみたって自分で書いて思ったが、そもそもお茶って元から濁ってないですか?
お茶を濁してみたっていうのが、どういう意味でこういう風に使われるようになったのかも知らないんですけどね。

と言う訳で、今回は珍しくネットで調べて赤子さんの手を軽く180度ほど捻ってみました。

どうやら元々は、お茶の作法を知らない人が適当に濁らせて抹茶に見えるようにした、ってのが真実らしい。
実に俺にぴったりな言葉ではないか。
基本的に面倒な事は何でもかんでも濁らせていく俺は、すでに濁らせ名人に達してると言ってもいいだろう。
作法を知らなくて適当に濁らせてるのに名人とはこれいかに。

これは難しい事態になってきやがったな。
なので濁らせます。

ぐるぐるぐるー。

おー、でりーしゃす。
Category: 弁当の蓋  

たまにあるんですが、書いてる途中に違う事考え出して方向性がどんどん変わっていくと支離滅裂な内容になります。でも、よく考えたら普段から少しおかしい内容だったかもしれんので気にしない事にしました。

チクショー。昨日寝る前に何か書くネタを思いついたはずだったのに、今はさっぱり思い出せん。
なんだったかなぁ。
こういう事が割と多いので、何か思いついた時は断片だけでも何処かに残しておく事にしてたのですが、いかんせん寝ようとしてた時なので面倒すぎてそこまでしませんでした。
迂闊だったぜ。

そんな事を考えながらPCに保存してある思いつき保存用メモを開いてみたが、今残ってるのは『夢見れる睡眠BOX』とか『女宇宙人にさらわれる』とか、今見てもこの時の俺が何を残そうとしたのかさっぱりわかりません。
誰か名推理して教えてくれませんかね。



今日は、りんぼリックの人に随分前からずっと言われてた『おはよう』という肉屋に行ってきたのです。
なんでもそこに売ってるソースが、すげー美味いらしい。
なんとなくと言うか、いつも通り暇だった俺は遂に行ってみた訳ですよ。
結果から言うと、ソースが見つからんかった。
もしかしてコレかな? ってのはあったんですが、間違えてたら嫌なのでスルーしたんですけどね。
代わりに惣菜をいくつか試しに買ってみたりしたんですが、値段の割りには美味かった気がする。
から揚げだけは微妙でしたが。


やべぇ、コレすごい普通に日記してないか?
書く事なさすぎて普通になってしまったが、しかし何か物足らなさを感じてしまう。
いや、でも普段も一応普通に書いてるつもりではあったんだが、ていうか普通って何なのかよくわからんくなってきたぞ。

普通。
普通。
普通。

もう『普通』っていう漢字すら疑問に見えてきた。
主に普通の普の字が疑問に見える。
ていうか、なんかコレたまにならない?
ずっと同じ字ばっかり見てると疑問がわいてくるというか、こんなんだっけ? みたいな気持ち。


そして、こんなくだらん事を考えてる内に日曜が終わろうとしています。
後10分程で終わろうとしています。
もうすぐドヤ顔でやってくるであろう月曜のニヤついた顔を想像するだけで、今からもううんざりです。
まったくいつもいつも同じ顔でやってきやがって。
たまには、「月曜かと思った? 実は火曜でしたー」とかやってくれませんかね。
ていうか、正直火曜でも若干微妙だな。
しかも曜日が飛ぶと同時に日付も飛ぶ訳で、それはすなわち俺の年式がまた1年落ちる日が早まってしまう。
そう思うと月曜も愛らしく見えてくると思いませんか?
多分ね、ほんとは月曜も気にしてると思うんですよ。
「どうせ私が出てきても誰も喜んでくれないんだろうなぁ……」みたいな。
考えてみればだ、月曜自体に罪はないのではないだろうか?
元々、日曜という物があって、それが休みの日と設定されているからこそ月曜は嫌われている訳なんだし。

まさかコレは、月曜を陥れようとしている日曜の仕業なのか?
月曜を嫌わせる事によって、相対的にも更に好かれようとする日曜のあざといやり方ではないか?
何という事だ。
俺はそうとも知らずに今まで日曜に踊らされていた訳か。

よし、ならば俺は月曜を愛そう。
みんなに陰口言われて隅っこで追いやられている月曜に手を差し伸べようではないか。
さあ、そんな所で悲しい顔をしてないで、こっちにおいで。


やっぱドヤ顔で来たよ。くそ。
Category: 女騎士  

そういえばソロプレイになる前は、ちゃんと言っていた気がします。

どうもメシの前に『いただきます』って言う人が減ってきているらしいです。
まあしかし言われてみれば、最近俺もメシ食う前に『いただきます』って言ってないような気がします。
いや、人と一緒に飯食う時とか、そういう時には言うんですけどね。

例えば女騎士が狩ってきて作ってくれた料理とかをご馳走されそうなら、全力を持って間違いなく言うでしょう。
勢いあまって女騎士に向かっても言ってしまいそうです。
そして、

「え……? あ……ち、違うよ!」

みたいに、最初は意味がわからなそうだけど、途中で察して恥ずかしそうにしている顔をされてみたいです。
でも、完全に病気なのでココに病院を建てようと思います。
しかし病院となると、俺の持つもう一つの属性、『看護士(婦)』が目を覚ます恐れがあるな。
今はまだその時ではない。心を鎮めよ。


まあともかく、子供に『いただきます』を言わせない親も増えてるとか。
なんでも学校に「給食費を払っているんだから、子供に『いただきます』を言わせないでほしい」とかクレームをつけた親もいるとか。
ていうか、どうも『いただきます』とは、死んでくれた食べ物の命を自分の命にさせて『いただきます』という意味らしい。
若干ホラーな流れになってきやがったぜ。

という事はだよ?
もし仮に女吸血鬼(美)が存在したとしたら、俺はいただきますと言われる側の立場になってしまう可能性がある訳だ。
いや、でも殺されるとは限らんな。
もしかしたら血を吸われて一生女吸血鬼(美女)に仕える下僕とされるかもしれん。
そうなると事情が変わってくるぞ。
そんな事になったら、もしかしたらギルドから依頼を受けて女吸血鬼(美少女)を討伐しにきた女騎士と俺が戦わねばならん事になる可能性すら生まれ始めている。

なんてこった。
一体その時、俺はどうすればいいんだ。
くそ、まさか俺が闇落ちするハメになるとは。
更に言えば、もしかしたら女騎士が途中で俺に気付いてしまうのかもしれんのだぞ。

「え……? ま、待って! 貴方、もしかして……!!?」

そう言って振り上げた刃を止める女騎士。
だが、女吸血鬼(心は大人。見た目は美少女)に操られてるましゎにはどうする事も出来なかった……。

次回 『堕ちた剣(ツルギ)』

それでは私は、貴方を救いたかった……。

てれってー。


まあね、ほら。
世の中バレンタインですよ。
世間では男女が獣のように無限増殖に励んでいるバレンタインデーの夜に、
一人PCの前でこんな事考えて書いてる俺もなかなか希少ではないですか?
もう☆3ぐらいのレアだとは思うんですよね。
でもインフレが進んで、☆3なんてガチャから出た瞬間、合成の餌か売却されてしまう程度になるのです。
俺はそんなレアになりたいと夢を見つつ、今日は筆を置こうと思います。
筆とか元から持ってませんけどね。

でも、皆も『いただきます』は出来るだけ言う方が良いと思いますよ。
Category: ましゎの野望  

内容を書き終えてから思ったのは、やっぱ眠い時は無理して書くもんじゃないなって事でした。

どうにも眠いです。
そしてここで寝てしまうと、恐らく一瞬にして明日になって仕事の時間となります。
ていうか、どうも最近夢ってあんま見ないんですよね。
夢がないからすぐ朝になって、なんか時間を損してるんじゃないかって錯覚まで感じます。

せめて、たまには少しぐらい幸せな夢を見たいと願いながら眠りに落ちようと思います。



とか、こんな臭いオチで終われる訳ないだろ!?
実際の所は幸せな夢よりエロい夢のがいいと思ってますよ! マジで!!
だってそっちの方が実用性高いじゃないですか!? 色々とね!!!

よーし、エロい夢見るゾー。
もうガンガンいっちゃうぜー。夢の中では。
よし、来い! 
どうした? 遠慮はいらんぞ。
さぁ、来やがれ! 


でも、やっぱり一瞬で朝になって仕事の時間になるんだよねぇ。
おろろーん。
Category: 弁当の蓋  

なんか書く事が思いつかないので、ちょっと頭をクールダウンさせながら考えてみたら、何故か男女が自家発電(二人用)をしているシーンにスーパーマリオの1-1のテーマが流れているのを想像した。

てれって、てれって↑ 

ちなみに最終局面に入るとスター取って無敵になった時の曲に変わると良いと思います。

ていうか、パワーアップがキノコで大きくなるとか、クリボーに当たって縮むとか、もう今にして思えば完全にシモですよね?
恐らく製作者も色々とストレスが溜まっていて、ああいう形で吐き出すしかなかったのだろう。
そう考えると、もう涙なしではプレイ出来ないゲームと言えましょう。

ただし、一言だけ言っておきたい。

マリオの野郎はボッボッボって感じでファイヤーボール連射してるけど、実際の方は連射とか出来ないからね。
もうすげーテンションとか色々な気持ちとかがMAXになってて、『コレ今日は連射できそうな気がする』とか思ってても、結局は『そんな風に思っていた時期もありました』みたいになるからね。
よって、基本は一撃必殺となります。

なので、「残弾は後一発。これで仕留められなければ殺られる」ぐらいの気持ちで今後はぶつかっていくように。
以上で今日の訓練は終わりとする。

起立! 礼! ありがとうございました!!
Category: 弁当の蓋  

暇ついでにカテゴリを整理してみた。

ちょっと無駄に増えて「コレもう二度と使わんだろ?」みたいなのもあったから整理しました。


・『血の七日間』と『語られない過去』は、『弁当の蓋』に統合されました。


修道女を女騎士に引っ付けるか迷ったけど、とりあえずは様子を見よう。
よし、父さんはもう寝るぞ。
ちゃんと寝る前に歯磨いて電気消すのを忘れんようにするんだぞ。
グーテ・ナハト。
Category: ましゎの野望  

たまに外とかで何か思いついて「後でBlogのネタに使おう」とか思っていても、いざ書く時になると「あまりに変態すぎるだろコレ」と冷静に考えて思いとどまる事は皆さん多々あると思いますが、どこら辺まで攻めてみるかとか考えてると少しずつ感覚が麻痺していきますよね?

どうも、こんばんは。
いつの間にやら婚活を応援されていたましゎです。
グーテン・アーベント。

なんかドイツ語って挨拶するだけでもカッコ良いな。


ていうかね、結構暇してるんですよ。
いきなり連休とか来られても、こっちとしても心の準備が出来ていません。
基本的には出来る限り仕事はしたくないと世界の中心で叫び続けてる俺としてはありがたい事でしたが。

あまりに暇すぎてボイスBlogとかやるかとか一瞬考えたりしましたが、
どうにもそんな事するような良い声してる訳でもないし、
少し考えただけでグダグダになる結果が目に浮かんだので、冷静に対処して無しとしました。

真剣に考えてみてだよ?
このBlogに書いてるような内容を声で発するとか、もう完全にやばい人じゃないですか。
一回の録りで何回『女騎士』って言うかわかったもんじゃないし、
いい歳したおっさんが真剣な声で『パンダ系男子』とか言うのを想像しただけで黒歴史確定です。
こういうのはむしろりんぼリックの人のが恐らく得意分野だろう。
という訳で、宜しくお願いします。



それよりも、このまま科学が進歩するとAIがやばいらしい。
今のままいくと、いずれ人間がAIをコントロールする事が出来なくなるとかなんとか。
AIが人間と同等になって更に進化していくと読んで、一番最初に思ったのは「独身男が更に増えるだろうな」とかだった俺は普通ですよね?
いや、だってAIがそこまで進化してる頃には、外見的にもロボットはかなり進歩してるでしょ?
その技術と合わされば、何でも言う事聞いてくれる限りなく人間に近いアンドロイドが作れるようになるはずです。
そりゃあね、やっぱり想像するじゃないですか。色々と。

と言う事はだ、遂にアンドロイド女騎士が開発される時も近づいてるという事にもなる。
これで女騎士を常々愛でたいと思っている世界中の人達の夢も叶うという訳です。
あー、でもAIがいつか人間を超えると言う事は、アンドロイド女騎士もいつかは俺を越えてしまうという事になるな。
逆に女騎士に支配される俺か……。


それはそれで別に良いんじゃないかな、と思ってしまうましゎであった。
Category: 女騎士  

雪が降って仕事が休みになるも、結局雪かきが仕事並に辛かったので俺は崖の上から夕日を見つめてたら下からスタッフロールが出てきた。

雪。銀世界ですよ。
朝起きたら俺の車が白い塊に変わってましたね。
あまりに白すぎて俺の心まで洗われそうでした。

だが、そううまくいくと思うなよ。
この俺の邪な心はアタックネオEXを用いたとしても、そう簡単には白く染まらんぞ。
パンダなのに白く染まらんとはこれいかに。
むしろパンダの黒い方に注目している方なので、狡猾な奴の生き様をこれからも見習っていこうと思う所存であります。


いやね、まあそんなこんなで雪かきしたんですよ。
マジで腰砕けるかと思うぐらいにね。
まだシスターが見つかっていない以上、そうそう腰を砕く訳にはいかんので、細心の注意を払いながら雪を掻きました。
大体、積雪60cmって所ですかね。
久々にガッツリ降ってくれたおかげで仕事も自宅待機という名の休みとなったのですよ。
そして明日も休みという、油断していたら何かいきなり連休とかきましたね。
んむ。めでたい!

めでたいと言えば、まあ常日頃から女騎士とかを愛でたいと思っている俺ですが、
雪かきしてたら隣の住人もやってきたんですよ。雪かきにね。
遂に俺の隣の部屋から女騎士が出てきたかとドキドキして見てみると、普通のおっさんが出てきました。

おかしい。

ああ、そうか。
彼が女騎士の旦那って訳だな。
例のからあげ揚げるのが好きな中国人か。

そんな軽い現実逃避もありつつ雪掻きを続けていたんですが、更なる住人が登場しました。
女性の二人組なんですが、何やら喋っているが聞き取れぬ。
明らかに日本語ではない何かで喋っているのですが、一応挨拶してみたら、カタコトで「コンニチハー」とか言ってくれました。
なんかすげー背の高い白人っぽい女性です。
俺も179ぐらい身長はあるんですが、俺と同じぐらいはあるんじゃないか?

だが慌てる事はない。
一時期は外人の嫁と国際結婚していたこの俺だ。
それに出来るだけ同じアパートの住人と会った時は挨拶する事を心がけている事にも定評のある俺。
とりあえず軽快に話しかけてみよう。

「雪すごいですねぇ」
「ウン。ソーダネー。コンナニ積モッタノ初メテ見タヨー」

「ハハ……」

会話が終了しました。
よく考えたら俺は若干コミュ障気味だという事を忘れていたぜ。
なんかもう二人組の白人って時点で、正直何喋っていいのかわからんかったよ?
今にして思えば、「おお、ぼんじゅーる」とか言えば良かったんですかね?
いやいや、実際そういうの目の前だと言えないものです。


と、まあ珍しく起きたエンカウントイベントも見事に何事もなく終わり、俺の雪掻きも終了しました。
そして俺の腰も若干終了しそうです。
これはもう決死の覚悟で、さっきの白人の方に「シップ張ってくれませんか?」って言いに行くしかないのだろうか?
なんとなく「イイヨー」とか言ってくれる可能性もあるかもしれん。
そして「うあ、冷てぇ」とか言いながら和やかな雰囲気になったりする訳ねぇだろチクショー!
むしろ3秒で通報されてどっか連れて行かれそうだよ!!
そんでもって警官から「なんであんな事したんだ?」とか言われて、「いや、もしかしたら女騎士じゃないかな、と思って……」みたいな事言ったら哀れみに満ちた目で見られた後に、今夜のまる見えは“いきなり同じアパートに住む女性に取った奇怪な行動とは”みたいに紹介された末、最後はインタビューで「もうあんな事はコリゴリだよ」とか言わされて、ナレーションで『その後、あえなくお縄となった』とか定番の締め台詞言われてお茶の間の笑いを誘うんだろ? クソッ!


てか、あの番組コリゴリする人多すぎじゃない?
02-2015
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

«   »

プロフィール

ましゎ

Author:ましゎ
47個目のたまねぎを投げる際は皮をむいてから行う事。



人気ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。